あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信! おすすめの本や漫画、映画や音楽に出会える場所です。ごゆっくりお楽しみ下さい。

チェッカーズの歌詞の魅力を解説【ちっちゃな頃から悪ガキで】

  • 2020年7月13日
  • 2021年1月8日
  • 音楽

あなたに取ってのアイドルは誰ですか?

 

SMAPや嵐などジャニーズかもしれませんね。

AKBや乃木坂などの坂道グループという方もいると思います。

古いと言ったら怒られますが、、ピンクレディーや松田聖子、中森明菜こそがアイドルだ!というファンもいらっしゃるでしょう。

 

私は現在44歳です。

私の中の最初で最後の最高のアイドルは『チェッカーズ』です!

 

以前のチェッカーズの記事もご覧下さい。

関連記事

あなたに取ってのアイドルは誰ですか? SMAPや嵐などジャニーズかもしれませんね。AKBや乃木坂などの坂道グループという方もいると思います。古いと言ったら怒られますが、、ピンクレディーや松田聖子、中[…]

 

チェッカーズをリアルタイムで観ていた年代は、今はもう40代以上の方々ですね。

解散して25年以上経ちましたが、チェッカーズは素晴らしい歌詞の楽曲がたくさんあります。

今回は『チェッカーズ』の歌詞の魅力についてご紹介します!

 

他の『歌詞の魅力を解説』シリーズ記事もお読みください!(^^)!

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 以前のブルーハーツの記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のロックバンドで現在も私たちを魅了し続ける『ユニコーン』をご存じでしょうか? 以前の『ユニコーン』の記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

関連記事

あなたは『村下孝蔵』というアーティストをご存じでしょうか? 以前の『村下孝蔵』の記事がご好評をいただきました!(^^)![sitecard subtitle=関連記事 url=https://entamel[…]

関連記事

あなたは作詞家の『阿久悠』をご存知ですが?昭和を代表とする作詞家で数々のヒット曲を送り出しました。 私の青春時代によく聴いた3バンドの歌詞の記事です。[sitecard subtitle=関連記事 […]

関連記事

あなたは作詞家の『松本隆』をご存知ですが?昭和・平成を代表とする作詞家で、数々のヒット曲を送り出しました。 今回『松本隆』をご紹介するきっかけは「歌詞」についてご紹介した記事が、ご好評いただいたためです!([…]

関連記事

日本のロックシーンを牽引し続ける『B'z』はご存じの方も、ファンの方も多いと思います。 以前「B'zの初期の頃が好きなんだ!」という記事をご紹介しました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のJ-POPの礎を築いたといっても過言ではない『佐野元春』を御存じでしょうか。 以前「佐野元春は過小評価され過ぎている」という記事をご紹介して、大変ご好評いただきました![sitecard subtit[…]

関連記事

知らない人はいないであろう『サザンオールスターズ』の歌詞の魅力についてご紹介していきます! 以前のサザンオールスターズの記事も合わせてご覧下さい。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

関連記事

突然ですが、あなたは長渕剛は好きですか? 日本を代表するアーティストですが、好き嫌いがはっきり分かれるアーティストとも言えるのではないでしょうか。熱狂的なファンも多いですが、今のマッチョの筋肉の風貌や言動が[…]

関連記事

ユニコーンのボーカルでもあり、ソロでも活躍している奥田民生。 男性(おじさん)であれば、この人の「普段はいい加減っぽいけど、いざとなると才能を惜しげもなく発揮し、とてつもなくカッコ良くなる」こんなルパン三世[…]

 

チェッカーズの歌詞の魅力を解説

俺たち都会で大事な何かを失くしちまったね ージュリアに傷心ー

チェッカーズがアイドル全盛時代の最大のヒット曲です。

 

福岡の久留米市から出てきて、デビューからすぐに一躍時の人になりました。

「ジュリアに傷心」はそんなチェッカーズの気持ちを代弁しているような歌詞です。

 

実力は十分ですが、事務所の意向もあってかアイドルとして売り出された彼ら。

作詞はチェッカーズのメンバーではなく「売野雅勇」ですが、彼らの気持ちを歌詞にしたのかどうか聞いてみたいですね。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

卒業式だと言うけれど 何を卒業するのだろう ーギザギザハートの子守歌ー

チェッカースのデビュー曲です。

当時私は小学校2年生でしたが「ちっちゃな頃から悪ガキで」始まるこの曲が大好きでした。

 

余談ですが、、

当時「とんねるずのみなさんのおかげです」にチェッカーズが出演していて、ノリさんがフミヤに向かって「ちっちゃな頃からちっちゃくて」と替え歌を唄って、大爆笑したことを思い出しました(#^.^#)

 

チェック姿のかわいいフミヤが「10代の尖りまくった」この歌詞を歌う、このギャップがたまらなく良かったのでしょうね。

 

君のことを守りたい その全てを守りたい ー夜明けのブレスー

フミヤが書くラブソングはソロの「TRUE LOVE」に代表されるようにストレートな歌詞が特徴的です。

 

フミヤにこんなことを言われたら、男の自分でも落ちてしまいます、、( ;∀;)

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

辛いと涙を見せなよ Baby 馬鹿だね女ってーI love you,SAYONARAー

ラブソングと反対の別れの歌詞も、フミヤにかかればカッコ良すぎる歌詞になります。

 

タイトルや他の歌詞にもあるように「I love youだけどSAYONARA」なんです。

現代には合わない表現かもしれませんが、相手の事を思ってこそ「さよなら」を選択する恋ははかなくも美しいです。

 

ティーンネイジのまま約束だよ 大人になってくれ ーSong for U.S.Aー

10代の頃はティーンネイジの心を持ったまま、大人になりたいと思っていました。

いろんなものを諦めて大人になりました。

 

あなたはティーンネイジの心をまだ持っていますか?

 

ロックンロールのピアノが連弾ぶよ 切ないねと・・・ ーOH!! POP STARー

アイドルからバンド(楽曲をオリジナル化)に変わる過渡期の曲です。

個人的には好きな曲ですが、オリコンチャートで1位を取り続けていたのが、この曲は2位止まりで人気の陰りを予感させる曲になりました。

 

程ご紹介した「Song for U.S.A」はこの曲の後に発売されたシングルですが、この2作は60年代~70年代のアメリカをイメージした曲になっています。

「連弾ぶ」と書いて「さけぶ」と読む。

 

切ないロックンロールもあることを教えてくれました。

 

鳥になった少年は 君のことだけを覚えていた ー鳥になった少年の唄ー

この曲を聴くと、なぜが「手塚治虫」の漫画を思い出します。

 

幻想的だが人間の本質が描かれている。

少年は鳥になって全てを捨てて、終わりにしたかったのかもしれんませんが大事な「君」だけは忘れたくても忘れることができない。

 

切なさと悲しさがこみ上げてくる歌詞です。

 

今宵のふたりは薔薇を胸に挿し 別れ話さ ーOne more glass of wineー

フミヤが書く別れの歌詞は絵になりますね。

 

薔薇を胸に挿して別れ話しをするなんて、昔のアメリカ映画のワンシーンのようですが、フミヤが唄うと自然に聞き入れられるから不思議です。

 

何も変わらない部屋で 君の香りが消えてく ーRoomー

香水とは違うその人の「香り」があります。

 

別れは部屋から、その人の「香り」まで連れ去って行きます。

その「香り」が無くなったことに人は別れの悲しさを実感します。

 

そのドアの向こうに 僕たちがいて 肩を並べて笑ってる ー時のK-cityー

タイトルにある「K-city」とはチェッカーズ の故郷である「久留米」のことです。

ドアの開けると、あの日のままの僕たちがいる。

 

あなたにも愛すべき故郷がありますか?

 

まとめ

チェッカーズの歌詞の魅力をご紹介しました。

アイドル時代の作詞家が書いた歌詞とフミヤが書いた歌詞の2パターンを解説しました。

 

チェッカーズにはいろんな「顔」がありますが、何をやってもカッコ良いんですよね。

ラブソングから別れの曲、夢を追う曲から夢が破れる曲。

 

どれも絵になるのがチェッカーズです。

それはきっと7人が「悪ガキ」のまま大人になって、精一杯好きなことをして、目一杯私たちを楽しませて続けてくれたからではないでしょうか。
最新情報をチェックしよう!
>【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

私の別の転職情報サイト「転職ミチシルベ」のご紹介です。
「営業→エンジニア→SV→事業統括管理→人事・総務」様々な業界や職種を渡り歩く。
その中で学んだ転職を成功させる方法や仕事に役立つ情報や「あるある」を公開。
・転職エージェントの活用経験
・嫌な上司への対峙経験
・モンスター部下への対峙経験
私自身も悩んだ経験を基に、同じ仕事の悩みを持つ方に向けて発信中!

CTR IMG