あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信! おすすめの本や漫画、映画や音楽に出会える場所です。ごゆっくりお楽しみ下さい。

奥田民生の歌詞の魅力を解説【マシマロは関係ない】

  • 2020年9月13日
  • 2021年1月8日
  • 音楽

ユニコーンのボーカルでもあり、ソロでも活躍している奥田民生。

 

男性(おじさん)であれば、この人の「普段はいい加減っぽいけど、いざとなると才能を惜しげもなく発揮し、とてつもなくカッコ良くなる」

こんなルパン三世的な魅力に憧れます。

 

以前奥田民生についての記事を書きました。

関連記事

ユニコーンのボーカルでもあり、ソロでも活躍している奥田民生。 男性(おじさん)であれば、この人の「普段はいい加減っぽいけど、いざとなると才能を惜しげもなく発揮し、とてつもなくカッコ良くなる」こんなルパン三世[…]

 

今回は独特の感性を持つ奥田民生の歌詞の魅力についてご紹介します!

 

奥田民生の歌詞の魅力を解説

軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを ーイージュー★ライダーー

サラっと物事の真理を歌うのが奥田民生の特徴です。

あのやる気のないような脱力感たっぷりの歌い方なので、すごく大事な歌詞を聞き逃してしまいがちです。

 

生きていく上で困難なことや問題が起きても「軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さ」で乗り切りたいですね。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

さすらいもしないで このまま死なねえぞ ーさすらいー

前述の「イージューライダー」もこの「さすらい」も『旅』をイメージさせてくれます。

 

決められた毎日に飽きてきたら、少し「さすらって」みませんか?

民生はこの歌の歌詞の中で「まわりはさすらわぬ人ばっか 少し気になった」と言っています。

「さすらわぬ」人生はつまらないものだと肩を押してくれているような気がします。

 

十分休んでから行こう いちいち道草して行こう ー愛のためにー

民生がユニコーンを解散した後の第1弾シングル曲です。

 

現在、ユニコーンは復活して活動をしていますが、当時ユニコーンを解散した後で人間関係やバンドのしがらみに「疲れている」民生が窺えます。

(ユニコーン解散前のラストシングル「すばらしい日々」も「疲れている」感じ満載の歌詞です)

 

あなたももし疲れたら、十分休んで、道草してから行きましょう。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

いじめっこには言ってやりな そればっかりはやってられないよ ー息子ー

いじめっこに「いじめをやめろ」と言うのではなく、「そればっかりはやってられない」と言うのが民生節ですね。

 

自分の歌の中で「結婚式で歌う曲がない」という理由で作られた曲だそうです。

結婚式で歌うので二人の門出に「おめでとう」みたいな曲ではなく、「息子」に向けての曲を作るのもまた民生らしい気がします。

 

笑われても気にしない 知らなくても気にしない ーマシマロー

これもまたサラっと大事なことを言っていますよ。

 

生きていく上で「気にしない」ということは、とても重要なスキルです。

「鈍感力」という言葉も流行りましたよね。

「気にする」から辛いわけで「気にしなければ」辛いこともつらくないのです。

これって健全な精神状態を保つために本当に大切なことだと思います。

 

にんげんなので はんせいなどいたしません ーそれはなにかとたずねたらー

タモリさんも「反省なんかするな」と言っています。

反省なんかしていたら「笑っていいとも」を30年以上も続けることなんてできないとも言われています。

 

日本人は反省が好きで「美徳」としている民族です。

いちいち反省なんかしていたら、1つのことを長く続けることも前に進むこともできないのかもしれませんね。

反省はほどほどに。。

 

伝えたいことが そりゃ僕にだってあるんだ ーCUSTOMー

普段あまり主張しない人がこのセリフを言うと、ドキッとしますね。

 

自分の主張をベラベラと言うのでなく、普段は「男は黙って」を貫き、「ここぞ!」という時にビシッと伝える!

そんな男のカッコ良さを民生は持ち合わせています。

だから「奥田民生になりたいボーイ」という漫画や映画まで生まれる、男が男に憧れる存在なのでしょう。

 

悲しい返事だったら 悲しいとは言わない いさぎよくなろう男なんだ ー何と言うー

これもまたカッコ良い「男の姿」を教えてくれています。

 

女性からフラれたり拒絶されたら悲しいですが、悲しんだり未練がましい態度を取るのではなく「いさぎよく」諦める

なぜ「いさぎよく」諦めるのかと言われたら「男だから」です。それだけです。

 

夢の続きに行ってみよう 行ってないとこに行ってみよう ーエンジンー

「イージューライダー」「さすらい」に続き、この歌も『旅』を連想させてくれます。

映画「カーズ」の主題歌です。

 

年齢を重ねると変化を嫌うので「いつもの同じ場所」に行きがちですが、たまには「行ってないとこに」行くようにしたいですね。

 

全ては忘れることだと解った 正しい心で明日へ向かった ーMOTHERー

「忘れる」ことは「気にしない」ことと同じぐらい、健全に生きていく上で大切なことです。

 

無理して「忘れる」ことはすぐには難しいかもしれませんが、執着さえしなければ時間が経てば忘れることができます。

「忘れる技術」といいましょうか。

「全ては忘れることだと解った」人間は絶対に強いと思います。

 

まとめ

奥田民生の歌詞の魅力をご紹介しました。

 

民生に失礼ですが、、イメージはあまり意味のない歌詞を歌っている感じがしますが、そんなことはありません。

  • 物事の真理
  • 男のカッコ良さ

この2つをたくさん歌ってくれています。

これらが「男が男に惚れる」奥田民生の魅力なのでしょう。

 

しかも「サラっと」「しつこくならないように」言うのが、またカッコ良いですね。

「辛い」や「悲しい」などマイナスの感情を表に出すことも悪くはないですが、辛くて悲しいんだけどグッと堪えて現状を受け入れる。

民生はこのような「大人の作法」を教えてくれているような気もします。

 

民生は「旅」や「車」をテーマにした曲も多いので、お勧めは車の中で大音量で聴くことです!

あなたも今の生活に疲れたら、民生の曲を聴きながら「さすらって」みて下さいね。

 

他の『歌詞の魅力を解説』シリーズもご覧下さい。

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 以前のブルーハーツの記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のロック史に燦然と輝くバンド『BOØWY』をご存じでしょうか? 以前の『BOØWY』の記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://enta[…]

関連記事

日本のロックバンドで現在も私たちを魅了し続ける『ユニコーン』をご存じでしょうか? 以前の『ユニコーン』の記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

関連記事

あなたは作詞家の『松本隆』をご存知ですが?昭和・平成を代表とする作詞家で、数々のヒット曲を送り出しました。 今回『松本隆』をご紹介するきっかけは「歌詞」についてご紹介した記事が、ご好評いただいたためです!([…]

関連記事

日本の音楽シーンで長年愛され続けている『浜田省吾』を御存じでしょうか? 以前「浜田省吾は永遠に俺たちの先を歩き続ける」という記事をご紹介しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

関連記事

日本のJ-POPの礎を築いたといっても過言ではない『佐野元春』を御存じでしょうか。 以前「佐野元春は過小評価され過ぎている」という記事をご紹介して、大変ご好評いただきました![sitecard subtit[…]

最新情報をチェックしよう!
>【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

私の別の転職情報サイト「転職ミチシルベ」のご紹介です。
「営業→エンジニア→SV→事業統括管理→人事・総務」様々な業界や職種を渡り歩く。
その中で学んだ転職を成功させる方法や仕事に役立つ情報や「あるある」を公開。
・転職エージェントの活用経験
・嫌な上司への対峙経験
・モンスター部下への対峙経験
私自身も悩んだ経験を基に、同じ仕事の悩みを持つ方に向けて発信中!

CTR IMG