あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信! おすすめの本や漫画、映画や音楽に出会える場所です。ごゆっくりお楽しみ下さい。

RIP SLYMEよこのまま終わっていいのか?

  • 2020年9月23日
  • 2020年12月15日
  • 音楽

2018年10月30日に活動休止をした「RIP SLYME」について語ります。

2020年現在復活する気配もなく、突然の活動休止発表でした。

 

メンバーと同年代の40代に取って、このままRIP SLYMEが終わってしまうのは悲しい限りです。

今回は私たちに元気を与え続けてくれたRIP SLYMEについて語ります!

RIP SLYMEの魅力

RIP SLYMEの最大の魅力は

『本人たちが楽しそうに歌っている・踊っている』ところにあると思います

 

「本人たちが楽しそうなので、こちらもつられて楽しくなる!」

RIP SLYMEはそんな楽しい気持ちにさせてくれます。

 

ライブはもちろん、MV(ミュージックビデオ)でも男5人が笑顔で楽しく弾けている。

20代から40代になってもRIP SLYMEのメンバーはいつも仲良く楽しげでした。

だからこそ、突然の活動休止はファンにとってはショックです。

 

また楽曲は変幻自在の「おふざけ」もあり「シリアス」もあり、遊び心満点でした。

ラップあり・ダンスミュージックあり・ファンクあり・懐かしいオールディスのテイストもありました

 

4MC+DJの構成で4人の歌声は低音あり高音あり。

型にはまらないことがRIP SLYMEであり「こうだよ」と定義できないところがまた魅力的です。

 

どこにも属さない、誰にも当てはまらない、仲良しだけど必要以上には群れない。

DJ FUMIYAを中心とした抜群のセンスを持つプロの5人が好き勝手やっているように見えて、役割をわきまえている。

 

「出るところは出て、引っ込むところは引っ込む」

感性」と「情熱」と「遊び心」が合わさった完成形がRIP SLYMEだと思うのです。

RIP SLYMEの活動休止

2019年の3月のことですが、メンバーのSUが自身のツイッターで言及しました。

「どうしてもみんなリップやらせたいみたいですけど、完全に永遠に無理でしょう。この感じでは」

 

自身の立場についても明言しました。

「私に解散とか休止とか辞めるとか再開するとか発言する権限がないんですよ。そういう扱いというかお手伝いさんというかパシリというか。バイトに会社の責任追及する様なモノですよ」

 

5人での活動再開についても否定しました。

「思わないです。残念ですが。また急に言われても予定があるし。20年間、足を引っ張るなと言われ続けて来たのでもう迷惑はかけたくないです」

 

ファンとして「うーん」と言葉が出ない内容でした、、

悲しいというか、寂しいというか、これがメンバーの真実なのかと思うとガッカリですよね。

 

将来、この発言も含め「笑い話」になってくれたらいいですね。

5人がいくつになっても楽しそうに弾けてくれて、また私たちを楽しませてくれることを願うばかりです。

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

RIP SLYMEベストアルバム

GOOD TIMES

<収録曲>

DISK1
1.STEPPER’S DELIGHT 2.雑念エンタテインメント 3.楽園ベイベー 4.BLUE BE-BOP 5.JOINT 6.TIME TO GO 7.Dandelion 8.GALAXY 9.Super Shooter 10.黄昏サラウンド 11.Rock it! 12.Hot chocolate 13.FUNKASTICBATTLE ~RIP SLYME VS HOTEI~ 14.ラヴぃ(リップスライムとくるり) 15.ブロウ 16.I・N・G

 

DISK2
1.SCAR 2.熱帯夜 3.One(CHRISTMAS CLASSIC version)4.SPEED KING 5.NP 6.Bubble Trouble 7.Tales 8.Remember(RIP SLYME with MONGOL800) 9.太陽とビキニ 10.love&hate 11.STAIRS 12.Good Day 13.Journey 14.星に願いを 15.マタ逢ウ日マデ2010~冨田流~ 16.Good Times

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

BAD TIMES

<収録曲>
DISK1
1.完全試合 2.AIR CONDITIONER 3.BLOSSOM 4.FRESH 5.ジャッジメント(feat.BLACK BOTTOM BRASS BAND&KYON) 6.Today 7.DISCO-MMUNICATION 8.HOME 9.Bright in time 10.By the Way 11.花火 12.WHY 13.VIP SLYME 14.BOUND to REBOUND 15.チェッカー・フラッグ 16.虹

 

DISK2
1.ミニッツ・メイド 2.ジグソウル 3.Twilight 4.SPASSO 5.M・I・L・K 6.slowdown 7.ナイトライダー<RIP SLYME ver.> 8.Night Flight 9.Present 10.UNPLUGGED 11.obsession 12.残念ボーイ 13.Supa Sonic 14.Supreme 15.トゥナイト 16.Good Times(Bad Times remix)by Y.Sunahara

まとめ

RIP SLYMEへの想いや魅力についてご紹介しました。

 

私の中ではRIP SLYMEはジャンルは全然違いますが、古くは「クレイジーキャッツやドリフターズ」、最近では「ユニコーン」と系統がかぶっており、とても魅力的に見えるのです。

本物のプロがふざけながら、楽しませてくれるが、いざとなったら高い演奏力でバシッと決めてくれる!

 

こんな姿に男は惹かれるのです。

同年代のRIP SLYMEの再結成を切に願うばかりです。

 

※合わせて、過去の音楽記事もご覧下さい!(^^)!

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 以前のブルーハーツの記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

私は電気グルーヴが好きです。 ピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕されてからの石野卓球の動きで、ますます好きになりました。2020年8月には新曲「Set you Free」をリリースして完全復活!&nb[…]

関連記事

日本のロック史に燦然と輝くバンド『BOØWY』をご存じでしょうか? 40代以上に方はご存じだと思いますが、10代~30代の方は「知らない、、」という方も多いかもしれません。今でも伝説として輝き続けているBO[…]

関連記事

日本のロックバンドで現在も私たちを魅了し続ける『ユニコーン』(UNICORN)をご存じでしょうか? 1987年にデビューして1993年に解散。2009年に再結成し現在に至ります。 […]

関連記事

日本のロックシーンを牽引し続ける『B'z』はご存じの方も、ファンの方も多いと思います。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時にハマった音楽を取り上げています。[sitecard subtitle=関[…]

関連記事

日本のJ-POPの礎を築いたといっても過言ではない『佐野元春』を御存じでしょうか。名前は知っているけど、深くは聴いたことがない、、という方も多いかもしれません。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時[…]

関連記事

「サザンオールスターズのこれだけは抑えろ!おすすめ名曲TOP10」をご紹介します。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時にハマった音楽を取り上げています。[sitecard subtitle=関連記[…]

最新情報をチェックしよう!
>【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

私の別の転職情報サイト「転職ミチシルベ」のご紹介です。
「営業→エンジニア→SV→事業統括管理→人事・総務」様々な業界や職種を渡り歩く。
その中で学んだ転職を成功させる方法や仕事に役立つ情報や「あるある」を公開。
・転職エージェントの活用経験
・嫌な上司への対峙経験
・モンスター部下への対峙経験
私自身も悩んだ経験を基に、同じ仕事の悩みを持つ方に向けて発信中!

CTR IMG