あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信! おすすめの本や漫画、映画や音楽に出会える場所です。ごゆっくりお楽しみ下さい。

サザンオールスターズの歌詞の魅力を解説【四六時中も好きと言って】

  • 2020年7月5日
  • 2020年12月15日
  • 音楽

知らない人はいないであろう『サザンオールスターズ』の歌詞の魅力についてご紹介していきます!

 

以前のサザンオールスターズの記事も合わせてご覧下さい。

関連記事

「サザンオールスターズのこれだけは抑えろ!おすすめ名曲TOP10」をご紹介します。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時にハマった音楽を取り上げています。[sitecard subtitle=関連記[…]

 

デビューから40年以上も私たちを魅了し続けている「サザンオールスターズ」には素晴らしい歌詞の楽曲がたくさんあります。

 

他の『歌詞の魅力を解説』シリーズ記事もお読みください!(^^)!

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 以前のブルーハーツの記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のロックバンドで現在も私たちを魅了し続ける『ユニコーン』をご存じでしょうか? 以前の『ユニコーン』の記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

関連記事

あなたは『村下孝蔵』というアーティストをご存じでしょうか? 以前の『村下孝蔵』の記事がご好評をいただきました!(^^)![sitecard subtitle=関連記事 url=https://entamel[…]

関連記事

あなたは作詞家の『阿久悠』をご存知ですが?昭和を代表とする作詞家で数々のヒット曲を送り出しました。 私の青春時代によく聴いた3バンドの歌詞の記事です。[sitecard subtitle=関連記事 […]

関連記事

あなたは作詞家の『松本隆』をご存知ですが?昭和・平成を代表とする作詞家で、数々のヒット曲を送り出しました。 今回『松本隆』をご紹介するきっかけは「歌詞」についてご紹介した記事が、ご好評いただいたためです!([…]

関連記事

日本のロックシーンを牽引し続ける『B'z』はご存じの方も、ファンの方も多いと思います。 以前「B'zの初期の頃が好きなんだ!」という記事をご紹介しました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のJ-POPの礎を築いたといっても過言ではない『佐野元春』を御存じでしょうか。 以前「佐野元春は過小評価され過ぎている」という記事をご紹介して、大変ご好評いただきました![sitecard subtit[…]

関連記事

突然ですが、あなたは長渕剛は好きですか? 日本を代表するアーティストですが、好き嫌いがはっきり分かれるアーティストとも言えるのではないでしょうか。熱狂的なファンも多いですが、今のマッチョの筋肉の風貌や言動が[…]

関連記事

ユニコーンのボーカルでもあり、ソロでも活躍している奥田民生。 男性(おじさん)であれば、この人の「普段はいい加減っぽいけど、いざとなると才能を惜しげもなく発揮し、とてつもなくカッコ良くなる」こんなルパン三世[…]

 

サザンオールスターズの歌詞の魅力を解説

四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って ー真夏の果実ー

「四六時中」という表現が素晴らしいですね。

「二四時中」や「一日中」ではゴロも合わないですし、しっくりこないです。

 

同じ意味でも言葉を入れ替えることで、より重みや情調が増すことがあります。

桑田佳祐は文語体ではなく、わざと口語体を使ってみたり、昔の古典で出てくるような言葉を使うこともあります。

そのあたりの使い方が絶妙です。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

喜びを誰かと 分かち合うのが人生さ ー栄光の男ー

「人生とは何だ!」と問われた時に一言で答えを出してくれました。

 

40歳を超えてふと思うことがあります。

高級ホテルで何万円もするコース料理を1人で食べるより、家で大切な人と2人でお茶漬けを「おいしいね」と言いながら食べる方が幸せなんじゃないかと。。

 

この事に気づいた人が、幸せを感じることができるのではないでしょうか。

 

夢を乗せて走る車道 明日への旅 ー希望の轍ー

「希望の轍」というタイトルと曲の疾走感が私たちを「夢」という終着駅に、連れて行ってくれる感じがします。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

刃を剥いた夏の獣 真面(まじ)と狂気のヘブン ーエロティカ・セブンー

桑田佳祐節炸裂です(‘ω’)

これほど爽やかにお色気というかエロスというか、、こんな歌詞を書けるのは天才です!

 

「真面(まじ)と狂気」「緊張と緩和」など両極端なギャップに人は惹かれます。

 

言葉につまるようじゃ恋も終わりね ーいとしのエリーー

恋の終わりを振り返ってみると、2人の「会話」が少なくなっています。

出合った頃は何時間でも話しができたのに、いつも間にか話すことさえおぼつかない。。

 

この歌詞が端的に「恋の終わり」を表現しています。

 

夜明けの共に この首筋に夢の跡 ーLOVE AFFAIR~秘密のデートー

不倫の唄であることは有名ですね。

 

首筋の夢の跡は「キスマーク」だと推測されます。

「キスマーク」を「夢の跡」と表現するところがシビれます( ゚Д゚)

 

不倫はもちろんいけないことですが(特に昨今は、、)

この曲は何か感傷的な淡い初恋の気持ちも思い起こさせてくれます。

 

いつの日かこの場所で 逢えるならやり直そう ーみんなのうたー

活動休止していたサザンが復活の曲として発表された曲です。

 

様々な解釈がされていますが、この歌詞は「バンドメンバー」に向けた歌詞だとも言われています。

記憶が曖昧なので、間違っていたらすみません。

 

リリース当時、ザ・ベストテンで黒柳徹子が桑田佳祐に「とてもかわいい曲のタイトルですね」と尋ねたら、桑田佳祐が「そうなんです。みんなで仲良く頑張ろうという意味を込めてタイトルをつけました」みたいなことを言っていたことが記憶に残っています。

 

奥さんの原坊の産休もあり、サザンは活動休止。

桑田佳祐はソロや「KUWATABAND」として活動しており、本作はサザンとして3年振りのシングルです。

もしかしたら3年の間で、バンド内でもいろいろあったのかもしれませんね。

 

バンドメンバーに向けた歌詞であれば、それはそれで桑田佳祐の意志が感じられますね。

 

嘘ばかりつく女 それを真に受けた男 ーイヤな事だらけの世の中でー

男と女の微妙な心の揺れや駆け引きですね。

 

「真に受けた男」は女のためにわざと「真に受けた」のか、それともただの天然か、、( ;∀;)

1冊を恋愛小説を読んでいるような気持ちにさせてくれます。

 

母さんあなたが歌ってくれた 小唄が懐かしい ー私の世紀末カルテー

桑田佳祐はマザコンだと思います。

私が凄いと思うのは、そのマザコンを隠さずにさらけ出しているところです。

 

桑田佳祐のソロアルバムの大傑作「孤独の太陽」の中に「僕のお父さん」という曲があります。

その中で父親への愛情も表現されていますが、私はそれ以上に母親への愛情を強く感じました。

「僕の母さん カレーライスを食べさせて 優しいあなたの味がする」

マザコン男は女性から嫌われますが、誰しも母親から生まれてきました。

 

男の触れられたくない、隠したい部分もさらけ出せることが、桑田佳祐の強さだと感じます。

 

お前が目の前にいるならいい すてきな今宵を分け合えりゃ ー旅姿六人衆ー

ファンの中でも大変人気がある曲です。

今は「旅姿五人衆」になってしまいましたが、、

 

しばらくはライブで演奏されすに、伝説の曲になっていましたが、2019年に「旅姿四十周年」とタイトルを変えて演奏されたようです。

各地でライブを行う中でファンやメンバー、スタッフに向けた曲だと言われています。

 

関わる人への感謝や愛情が感じられて、、とても素敵な歌詞です。

 

まとめ

サザンオールスターズの歌詞の魅力をご紹介しました。

哲学的な真面目な歌詞から、男女の恋やおふざけやエロも満載ですね。

 

本文でも少し触れましたが、桑田佳祐の素晴らしいところは、人間が持つ心情をさらけ出して歌詞にしているところです。

  • 強さ・弱さ
  • 優しさ・冷たさ
  • 勝手さ
  • 欲深さ
  • 傲慢さ

良いところもあり、悪いところもあるのが普通の人間です。

 

最近の曲は「良いところ」だけスポットを当てて、片方からしか見ていない表面的な歌詞が多いような気がします。

 

しかし、実際の人間はそうではありません。

もっとドロドロしいというか人間には悪い部分がたくさんあります。

しかし、それだけでは無く、様々な複雑な感情もあるのが人間です。

 

それらの感情をさらけ出して歌詞にしている桑田佳祐は、やはり日本が誇れる最高のミュージシャンではないでしょうか!(^^)!

最新情報をチェックしよう!
>【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

私の別の転職情報サイト「転職ミチシルベ」のご紹介です。
「営業→エンジニア→SV→事業統括管理→人事・総務」様々な業界や職種を渡り歩く。
その中で学んだ転職を成功させる方法や仕事に役立つ情報や「あるある」を公開。
・転職エージェントの活用経験
・嫌な上司への対峙経験
・モンスター部下への対峙経験
私自身も悩んだ経験を基に、同じ仕事の悩みを持つ方に向けて発信中!

CTR IMG