あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信! おすすめの本や漫画、映画や音楽に出会える場所です。ごゆっくりお楽しみ下さい。

【40代】音楽で振り返る青春時代。懐かしい曲であの頃へタイムスリップ

  • 2020年6月28日
  • 2021年1月17日
  • 音楽

懐かしい曲を聴くと、その当時の記憶が蘇ることがありませんか?

音楽は私たちの記憶を自由にタイムスリップさせてくれます。

 

今回は『昭和40年代後半~50年代前半生まれ』の40代の方に音楽で青春時代にタイムスリップしていただこうと思います。

40代は仕事に家庭に毎日とても大変な日々を送っています。

 

頑張っている自分を癒すために、一緒にタイムスリップしてみましょう。

 

音楽で振り返る青春時代【40代】

私(44歳)の幼少期の音楽との出会いから青春時代までの音楽史を振り返ります。

 

下記の注意点を踏まえ、一緒にお楽しみ下さい(^O^)

  • 好きなアーティストは人それぞれなので、あなたの好きなアーティストに置き換えてお楽しみ下さい。
  • 洋楽より邦楽の方が感情移入しやすいと考え、邦楽のみの紹介とします。
  • 気になったアーティストや曲があったら、YouTubeでも何でも良いので曲を聴きながら読んで下さい。

 

音楽との出会い

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

およげ!たいやきくん

あなたが音楽に目覚めるきっかけになった曲は何ですか?

 

私が幼少期に大好きだった曲は毎朝見ていた「ひらけ!ポンキッキ」から流れてきたこの曲です。


決して明るい曲調でもなく、おじさんが低音で唄うこの曲には何故か中毒性がありました。

 

あなたが初めて何回も何回も聴いた曲は何ですか?

 

小学生時代【アイドル編】

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

マッチ?トシちゃん? 聖子ちゃん?明菜ちゃん?

あなたが小学生時代に聴いていた曲は何ですか?

 

テレビの音楽番組も今とは違ってたくさんありました。

その影響からかアイドルの曲を多く聴いていました。

 

マッチやトシちゃん、聖子ちゃんに明菜ちゃんは私(44歳)より少し年齢が上の方のアイドルかと思います。

 

チェッカーズ

私が小学校2年生の時に初めて買ったレコードはチェッカーズの『星屑のステージ』です。


関連記事

あなたに取ってのアイドルは誰ですか? SMAPや嵐などジャニーズかもしれませんね。AKBや乃木坂などの坂道グループという方もいると思います。古いと言ったら怒られますが、、ピンクレディーや松田聖子、中[…]

 

チェッカーズは最高のアイドルでした。

「曲も良いし、顔もカッコ良いし、面白いし」7人のお兄ちゃんたちは、幼い僕にいろんな夢を与えてくれました。

 

光GENJI大旋風

小学校高学年になると、クラスでは『光GENJI』一色です。

坂が多い場所に住んでいたのに、、ローラースケートを買いましたね。

 

新曲が出たらクラスの女の子から「すごーい!」と言われたいために、いち早く覚えようとしていましたね。

本当は光GENJIより、サザンや長渕剛に目覚め出していたのに、、

関連記事

「サザンオールスターズのこれだけは抑えろ!おすすめ名曲TOP10」をご紹介します。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時にハマった音楽を取り上げています。[sitecard subtitle=関連記[…]

関連記事

突然ですが、あなたは長渕剛は好きですか? 日本を代表するアーティストですが、好き嫌いがはっきり分かれるアーティストとも言えるのではないでしょうか。熱狂的なファンも多いですが、今のマッチョの筋肉の風貌や言動が[…]

 

あなたに取っての最高のアイドルは誰ですか?

 

中学生時代【バンドブーム編】

バンドブーム真っ只中に中学生になりました。

ブルーハーツ

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 40代以上に方はご存じだと思いますが、10代~30代の方は「知らない、、」という方も多いかもしれません。今回[…]

 

BOØWY

本格的に聴き始めた時には解散していました。

関連記事

日本のロック史に燦然と輝くバンド『BOØWY』をご存じでしょうか? 40代以上に方はご存じだと思いますが、10代~30代の方は「知らない、、」という方も多いかもしれません。今でも伝説として輝き続けているBO[…]

 

ユニコーン

関連記事

日本のロックバンドで現在も私たちを魅了し続ける『ユニコーン』(UNICORN)をご存じでしょうか? 1987年にデビューして1993年に解散。2009年に再結成し現在に至ります。 […]

 

B’z

関連記事

日本のロックシーンを牽引し続ける『B'z』はご存じの方も、ファンの方も多いと思います。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時にハマった音楽を取り上げています。[sitecard subtitle=関[…]

 

他に聴いていたバンド

この他にも聴いていたバンドがたくさんありました。

  • JUN SKY WALKER(S)
  • THE BOOM
  • HOUND DOG
  • TM NETWORK
  • BARBEE BOYS
  • BUCK-TICK
  • ZIGGY
  • 米米CLUB
  • プリンセス・プリンセス
  • 爆風スランプ
  • JITTERIN’JINN

 

エアチェック

当時はCDをバンバン買うお金は当然ないので、CDレンタルをしてCDラジカセからカセットテープに録音をしていました。

 

それでもお金が足りなくて、ラジオから「エアチェック」をしていました。

AMは雑音が入るので、できるだけFMで行っていましたね。

 

その時にお世話になったラジオ番組は土曜日の13時からの「コーセー歌謡ベストテン」

(現在はJA全農 COUNTDOWN JAPAN)です。

最新の曲を聴きたいために、この番組でエアチェックをしていました。

 

ラジオなので1番で曲が終わったり、サビの部分でナレーションが入ったりして「もーっ!」と怒っていたのは良い思い出です。

 


あなたがバンドブームの中で聴いていたバンドは何ですか?

 

高校生時代【音楽バブル編】

CDが売れていた時代

世間では「CHAGE&ASKA・B’z・サザン・WANDS、ZARD」などがヒット曲を連発し、CDも売れに売れていた時代です。

 

同じ時期に今でも第一線で活躍している「Mr.Children・DREAMS COME TRUE」も人気が出始めた頃です。

また「小室ファミリー」の曲がヒットチャートを席捲し始めたのも、この時期でしたね。

 

現代にも受け継がれていますが、ドラマやCMとのタイアップの曲がヒットしていました。

今振り返ると、バブルはとっくに過ぎていましたが、ドラマは高視聴率連発、先程も書きましたがCDも売れまくり、何か華やかな時代だったと思います。

 

浜省・佐野元春・電気グルーヴ

私は流行から外れて「浜田省吾」や「佐野元春」「電気グルーヴ」の曲にハマり始めました。

関連記事

日本の音楽シーンで長年愛され続けている『浜田省吾』を御存じでしょうか?ファンは40代以上の方が多いと思いますが、若い方でも「名前は聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。 私は現在44歳ですが[…]

関連記事

日本のJ-POPの礎を築いたといっても過言ではない『佐野元春』を御存じでしょうか。名前は知っているけど、深くは聴いたことがない、、という方も多いかもしれません。 私は現在44歳ですが、特に10代~20代の時[…]

関連記事

私は電気グルーヴが好きです。 ピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕されてからの石野卓球の動きで、ますます好きになりました。2020年8月には新曲「Set you Free」をリリースして完全復活!&nb[…]

 

尾崎豊

また尾崎豊が亡くなったのが高校1年生の1992年(平成4年)。

 

とても多感な時期と尾崎の10代の頃の曲がマッチして、尾崎豊は亡くなってから聴きまくりました。


関連記事

あなたは『尾崎豊』をご存知でしょうか?40代以上に方はご存じだと思いますが、10代~30代の方は「名前だけは知っている」という方も多いかもしれません。 今回は10代のカリスマと言われ、没後28年経過した今で[…]

 

心のベスト10第1位

その中で私の高校時代の「心のベスト10第1位」は、何故かこの曲なのです。

小沢健二の「今夜はブギー・バック」

衝撃だったのでしょうね。

 

小沢健二は「フリッパーズ・ギター」で少しは知っていましたが、スチャダラパーは知りませんでした。

小沢健二が唄うメロウな感じのメロディーと元気一杯のラップを奏でるスチャダラパー。

当時は「ラップ」がどんなものかも知りませんでした。

 

この2つの融合は新しくもあり、懐かしさもある。

元気さもあり、気だるさもある。

 

何か得たいの知れない音楽だったからこそ、衝撃で印象に深く残っているのだと思います。

また周りでは、高校生になると洋楽を聴き始める友達もいて、聴く音楽の幅も広がっていきました。

 

あなたが高校生の時に聴いていた曲は何ですか?

 

まとめ

音楽との出会いの幼少期から高校生までの時代にタイムスリップをしてご紹介しました。

共感いただける部分とそうでない部分もあったと思いますが、自分に置き換えてタイムスリップしていただけたらと幸いです。

 

あの頃に聴いていたからこそ、突き刺さる歌詞があります。

今聴くと何とも思わない歌詞になっているかもしれません。

 

ブルーハーツや尾崎豊は今の10代が聴いても、きっと心を揺さぶられると思います。

 

そうやって永遠に「音楽」は継承され続けるのでしょうね。

 

たまにあの頃を振り返ると、自分自身の癒しになります。

また子供に「これは父さんが中学校時代に聴いていた曲だぞ!」と自慢してみるもの良いですね。

そこから子供もハマって「あの頃」の曲を一緒に聴けたら、親子の共通の趣味も出来てとても楽しめるのではないでしょうか!(^^)!
最新情報をチェックしよう!
>【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

私の別の転職情報サイト「転職ミチシルベ」のご紹介です。
「営業→エンジニア→SV→事業統括管理→人事・総務」様々な業界や職種を渡り歩く。
その中で学んだ転職を成功させる方法や仕事に役立つ情報や「あるある」を公開。
・転職エージェントの活用経験
・嫌な上司への対峙経験
・モンスター部下への対峙経験
私自身も悩んだ経験を基に、同じ仕事の悩みを持つ方に向けて発信中!

CTR IMG