あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信! おすすめの本や漫画、映画や音楽に出会える場所です。ごゆっくりお楽しみ下さい。

尾崎豊の歌詞の魅力を解説【愛すべきもの全てに】

  • 2020年4月13日
  • 2021年1月24日
  • 音楽

あなたは10代のカリスマと言われた『尾崎豊』をご存じでしょうか?

 

先日の『尾崎豊』の記事がご好評をいただきました!(^^)!

関連記事

あなたは『尾崎豊』をご存知でしょうか?40代以上に方はご存じだと思いますが、10代~30代の方は「名前だけは知っている」という方も多いかもしれません。 今回は10代のカリスマと言われ、没後28年経過した今で[…]

尾崎豊はもちろん楽曲も素晴らしいですが「10代の代弁者」と言われるぐらい、人を惹きつける歌詞をたくさん残しています。

 

今回はそんな『尾崎豊』の歌詞の魅力についてご紹介します!

 

※他のアーティストや作詞家の『歌詞の紹介』も合わせて、お読みください!(^^)!

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 以前のブルーハーツの記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のロックバンドで現在も私たちを魅了し続ける『ユニコーン』をご存じでしょうか? 以前の『ユニコーン』の記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

関連記事

あなたは『村下孝蔵』というアーティストをご存じでしょうか? 以前の『村下孝蔵』の記事がご好評をいただきました!(^^)![sitecard subtitle=関連記事 url=https://entamel[…]

関連記事

あなたは作詞家の『阿久悠』をご存知ですが?昭和を代表とする作詞家で数々のヒット曲を送り出しました。 私の青春時代によく聴いた3バンドの歌詞の記事です。[sitecard subtitle=関連記事 […]

関連記事

あなたは作詞家の『松本隆』をご存知ですが?昭和・平成を代表とする作詞家で、数々のヒット曲を送り出しました。 今回『松本隆』をご紹介するきっかけは「歌詞」についてご紹介した記事が、ご好評いただいたためです!([…]

関連記事

日本のロックシーンを牽引し続ける『B'z』はご存じの方も、ファンの方も多いと思います。 以前「B'zの初期の頃が好きなんだ!」という記事をご紹介しました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本の音楽シーンで長年愛され続けている『浜田省吾』を御存じでしょうか? 以前「浜田省吾は永遠に俺たちの先を歩き続ける」という記事をご紹介しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

関連記事

ブルーハーツ【正式名称:THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)】をご存じでしょうか? 以前のブルーハーツの記事が大変、ご好評をいただきました。[sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

関連記事

日本のJ-POPの礎を築いたといっても過言ではない『佐野元春』を御存じでしょうか。 以前「佐野元春は過小評価され過ぎている」という記事をご紹介して、大変ご好評いただきました![sitecard subtit[…]

関連記事

あなたに取ってのアイドルは誰ですか? SMAPや嵐などジャニーズかもしれませんね。AKBや乃木坂などの坂道グループという方もいると思います。古いと言ったら怒られますが、、ピンクレディーや松田聖子、中[…]

関連記事

知らない人はいないであろう『サザンオールスターズ』の歌詞の魅力についてご紹介していきます! 以前のサザンオールスターズの記事も合わせてご覧下さい。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

関連記事

突然ですが、あなたは長渕剛は好きですか? 日本を代表するアーティストですが、好き嫌いがはっきり分かれるアーティストとも言えるのではないでしょうか。熱狂的なファンも多いですが、今のマッチョの筋肉の風貌や言動が[…]

関連記事

ユニコーンのボーカルでもあり、ソロでも活躍している奥田民生。 男性(おじさん)であれば、この人の「普段はいい加減っぽいけど、いざとなると才能を惜しげもなく発揮し、とてつもなくカッコ良くなる」こんなルパン三世[…]

 

尾崎豊の歌詞の魅力を解説

ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ ーI LOVE YOUー

10代の時に自分がしていた恋と重ねて、よく聴いていました。

 

若さゆえに理想の愛をお互いに求め、それがうまく叶わずに傷つけ合ってしまう。

繊細でピュアな10代の愛を唄っています。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ ー15の夜ー

「15の夜」の歌詞はやはり10代の時にしか、理解出来ません。

それでいいのだと思います。

必ず誰もが通る道ですね。

 

口うるさい大人たちのルーズな生活に縛られても 素敵な夢を忘れはしないよ ー十七歳の地図ー

大人に潰されまいと虚勢を張ることができるのも、10代の特権です。

 

そうやって大人になって行くのだと、大人になって気が付きます。

 

data-full-width-responsive=”false” data-ad-format=”rectangle“>

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない ー僕が僕であるためにー

「勝たない」と自分が自分でいられなくなると、私も漠然に10代の頃は思っていました。

 

本当はそんなことはないことを、気が付くのも大人になってからです。

 

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった ー卒業ー

これだけストレートに、10代の気持ちを唄った曲はこれまでなかったのではないでしょうか。

 

当時の校内暴力などの時代背景もあったとは思いますが、ここから尾崎が「10代の代弁者」と言われ始めたのだと感じます。

 

優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ ーシェリーー

ここまで走り続けた尾崎が、ふと立ち止まった時に「俺は本当にこれでいいのか」と自問自答している曲です。

 

男は挫けそうになった時に母性を求めます。

男は弱いですね、、

 

時々僕は無理に君を僕の形に はめてしまいそうになるけれど ーForget-me-notー

これも「I LOVE YOU」と同様に10代の理想の愛を求めるがゆえの苦しさを唄っています。

苦しいですが、一途で相手を想いやるからこそ傷つけてしまう。

 

そんな揺れる心情を唄い上げています。

 

みんないい気持ちになりたくて 何度も息を止めてみるけど ーFreeze Moonー

危なかっしいことをしたいのも10代です。

 

10代の時は一体、何にそんなに張り合っていたのでしょうね?

「若気の至り」と言えば、そうなのかもしれませんが、、

 

僕はただ 清らかな 愛を信じている ー太陽の破片ー

尾崎が覚せい剤で逮捕され、活動再開後の最初のシングルが「太陽の破片」です。

絶望の中から、最初的にはやはり「愛」に救いと希望を求めた尾崎豊。

 

彼にしか歌えない唄です。

 

情熱を明日の糧に 不器用な心を抱きしめた ー遠い空ー

生きることに不器用で、要領良くできない。

 

それでも「生きて行くしかない」と決意した心がこの唄と歌詞から感じ取れます。

 

俺はきっとまだ マトモにやれるはずさ ー誕生ー

尾崎は理想が高く、完璧主義者だったのだと思います。

 

まわりからは「充分できている、頑張っている」と言われても、自分の理想が高すぎて、いつも現実とのギャップに苦しむ。

これは亡くなるまで、払拭できなかったのではないでしょうか。

 

星になった貴方の温もり 今でも覚えている ーMama,say good-byー

最期のアルバムの最後の曲です。

 

尾崎は母親に送った曲ですが、今となればファンが尾崎に送った曲のように聴こえます。

 

まとめ

尾崎豊の歌詞の魅力をご紹介しました。

 

今改めてこうしてまとめてみての素直な感想は「苦しい」です。

  • なぜ、そんなにも理想を追いかけ、自分もまわりの人も傷つけるのか?
  • なぜ、そんなにも焦り、張り合い、立ち止まることを知らずに不器用なのか?

 

答えは見つかりませんが、こんなにも繊細でピュアで汚れることを恐れた尾崎は、やはり生きにくかったのかなと思ってしまいます。

 

ただ彼が残した楽曲の輝きは失われることなく、10代を中心とした若者の心をこれからも、照らし続けていくのでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

【転職情報サイト「転職ミチシルベ」】

私の別の転職情報サイト「転職ミチシルベ」のご紹介です。
「営業→エンジニア→SV→事業統括管理→人事・総務」様々な業界や職種を渡り歩く。
その中で学んだ転職を成功させる方法や仕事に役立つ情報や「あるある」を公開。
・転職エージェントの活用経験
・嫌な上司への対峙経験
・モンスター部下への対峙経験
私自身も悩んだ経験を基に、同じ仕事の悩みを持つ方に向けて発信中!

CTR IMG